Lenovo ThinkAgile MXシリーズとは

ThinkAgile MXは、事前に動作検証を実施した構成を提供しています。これにより安定稼働・安価・短納期でMicrosoftの HCI ソリューション (Azure Stack HCI / Storage Spaces Direct)を導入することができます。

Lenovo ThinkAgile MXシリーズの3つの特長

1. 一元化されたシンプルな管理

Windows Admin Centerは、記憶域プールの管理をはじめ、システム全体の性能やイベント管理など、ハイパーコンバージド・システムの運用に必要なダッシュボードとして一元的に見えるようになっています。
ハードウェア管理には、Lenovo XClarity Administratorで管理を行います。Windows Admin Centerとの連携機能も提供済みです。

《Windows Admin Centerで一元管理》

2.フレキシブルなハードウェア構成

アプライアンス製品にありがちな『要望に合わない構成から選択』といった窮屈さはありません。HDD、SSDを自由に選択可能です。NVMeやRDMA対応となっているため、WSSD(Windows Storage Space Direct)のパフォーマンスを最大限に提供します。

コチラからハードウェアを構成いただけます(Data Center Solution Configurator)

3.ハードウェア・ソフトウェアとも単一窓口で対応

ThinkAgile MX アプライアンスおよびThinkAgile MX認定ノードでは、
サポートを単一窓口で行うThinkAgile アドバンテージ・サービスを提供しています。

Lenovoがエンドツーエンドの問題管理を行い、お客様優先のサービスを提供し、Lenovo技術部隊とベンダーサポートとの連携による障害の早期解決を実施します。

製品ラインアップ

リモートオフィス/ブランチオフィス(ROBO)環境およびエッジでの利用
項目 仕様
筐体タイプ MX1020アプライアンス および MX1021認定ノード
フォームファクタ 1Uハーフワイドノード
プロセッサー Single Intel Xeon-D2100シリーズプロセッサー
メモリ 最大256GB(64 GB以上が必要です)。
ドライブベイ 4x M.2 SATA / NVMe非ホットスワップドライブソケットまたは
8x M.2NVMe非ホットスワップドライブソケット。
ストレージ M.2最大1.92TBの6Gbps SATASSD。
M.2 NVMe PCIe 3.0 x4SED最大650GBの高耐久性SSD。
M.2 NVMe PCIe 3.0 x4 SED SSD、最大2TB。
ストレージコントローラー 6 Gbps SATA AHCI(プロセッサーのPCH)または
PCIe 3.0 NVMe(プロセッサーのPCIeコントローラー)。
ネットワークインターフェース 2x 10 GbE(10 Gbps)RJ-45および2x 1 GbE(10/100/1000 Mbps)RJ-45ポートまたは
2x 10 GbE(10 Gbps)SFP +および2x1 GbE(10/100/1000 Mbps)RJ-45ポートまたは
2x 10 GbE(10 Gbps)SFP +、2x 1 GbE(1 Gbps)SFP、および2x 1 GbE(10/100/1000 Mbps)RJ-45ポート、Wi-Fi(802.11 a / b / g / n / ac) 、およびLTE(オプション)
注:Wi-FiおよびLTEインターフェースには2つの外部アンテナがあります。
システム管理 Lenovo XClarity Controller(XCC)Enterprise(Pilot 4チップ)
Lenovo XClarity Administrator(オプション)
Lenovo XClarity Integrator for Microsoft System Center(オプション)
Lenovo XClarity Integrator for Microsoft Admin Center(オプション)
Lenovo XClarity Energy Manager(オプション)
ソフトウェア MX1020アプライアンス:Microsoft Azure Stack HCIオペレーティングシステムがプリロードされており、ソリューションで実行されている仮想マシンにゲストOSライセンスを提供するためにWindows Server 2019ライセンス(StandardまたはDatacenterエディション)を購入するオプションがあります。Standardエディションは2つのゲストOSライセンスを提供し、Datacenterエディションは無制限のゲストOSライセンスを提供します。
MX1021認定ノード:Microsoft Windows Server 2019Datacenterエディションはオプションでプリロードできます。Azure Stack HCIオペレーティングシステムをプリロードすることは、現在、認定ノードのオプションではありません。
項目 仕様
筐体タイプ MX3330アプライアンス および MX3331認定ノード
フォームファクタ 1Uラック
プロセッサー 2つの第3世代IntelXeonスケーラブルプロセッサ(以前のコードネームは「IceLake」)。最大40コアのプロセッサ、最大3.6 GHzのコア速度、および最大270WのTDP定格をサポートします。
メモリ 2つのプロセッサーを備えた32個のDIMMスロット(プロセッサーごとに16個のDIMMスロット)。各プロセッサには8つのメモリチャネルがあり、チャネルあたり2つのDIMM(DPC)があります。Lenovo TruDDR4RDIMMおよび3DSRDIMMがサポートされています。DIMMは、2DPCで最大3200MHzで動作します。
ドライブベイ
  • MX3330-HアプライアンスおよびMX3331-H認定ノード
    • フロントドライブベイ:10x2.5インチAnyBayまたは4x3.5インチSAS / SATA
    • リアドライブベイ:2x2.5インチSAS / SATAまたは2x2.5インチNVMe
  • MX3330-FアプライアンスおよびMX3331-F認定ノード
    • フロントドライブベイ:10x2.5インチAnyBayまたは16xEDSFF NVMe
    • リアドライブベイ:2x2.5インチSAS / SATAまたは2x2.5インチNVMe
  • OSブートサポート:
    • 最大2台のM.2SATAドライブをサポートする内部M.2モジュール
    • リアアクセス可能な2x7mmホットスワップドライブ、SATAまたはNVMe
ストレージコントローラー
  • オンボードNVMeポートとNVMeリタイマーアダプター(RAIDはサポートされていません)
  • 12 Gb SAS / SATA非RAID:
    • 430-8i HBA
    • 430-16i HBA
ネットワークインターフェース PCIe 4.0x16ホストインターフェイスを備えた専用OCP3.0SFFスロット。1GbE、10GbE、および25GbEネットワーク接続をサポートします。オプションで、1つのポートをXClarity Controller(XCC)管理プロセッサーと共有して、Wake-on-LANおよびNC-SIをサポートできます。
システム管理 ステータスLED付きの操作パネル。LCDディスプレイ付きのオプションの外部診断受話器。8x 2.5インチのフロントドライブベイを備えたモデルは、オプションで統合診断パネルをサポートできます。XClarity Controller(XCC)組み込み管理、XClarity Administrator集中型インフラストラクチャ配信、XClarity Integratorプラグイン、およびXClarity EnergyManager集中型サーバー電源管理。リモートコントロール機能を有効にするオプションのXClarityControllerAdvancedおよびEnterprise。
ソフトウェア
  • アプライアンス:Azure StackHCIがプリロードされています
  • 認定ノード:Windows Server 2019 Datacenterエディション、Azure Stack HCI OS(すべてオプション)
項目 仕様
筐体タイプ MX3530アプライアンス および MX3531認定ノード
フォームファクタ 2Uラック
プロセッサー 1つまたは2つの第3世代IntelXeonスケーラブルプロセッサ(以前のコードネームは「IceLake」)。最大40コアのプロセッサ、最大3.6 GHzのコア速度、および最大270WのTDP定格をサポートします。
メモリ 2つのプロセッサーを備えた32個のDIMMスロット(プロセッサーごとに16個のDIMMスロット)。各プロセッサには8つのメモリチャネルがあり、チャネルあたり2つのDIMM(DPC)があります。Lenovo TruDDR4RDIMMおよび3DSRDIMMがサポートされています。DIMMは、2DPCで最大3200MHzで動作します。
ディスクドライブベイ
  • MX3530-HアプライアンスおよびMX3531-H認定ノード:
    • フロントドライブベイ:12x 3.5 "SAS / SATAまたは12x3.5" AnyBay
    • リアドライブベイ:2xまたは4x 3.5 "SAS / SATAまたは4x2.5" SAS / SATA
  • MX3530-FアプライアンスおよびMX3531-F認定ノード
    • フロントドライブベイ:24x 2.5 "SAS / SATAまたは24x2.5" NVMeまたは16x2.5 "SAS / SATA + 8x AnyBay
    • リアベイの選択肢:4x 2.5 "SAS / SATA
  • OSブートサポート:
    • 最大2台のM.2SATAドライブをサポートする内部M.2モジュールy
    • リアアクセス可能な2x7mmホットスワップドライブ、SATAまたはNVMe
ストレージコントローラー
  • オンボードNVMeポート(RAIDはサポートされていません)
  • 12 Gb SAS / SATA非RAID:
    • 430-8i HBA
    • 430-16i HBA
    • 440-16i内部HBA
ネットワークインターフェース PCIe 4.0x16ホストインターフェイスを備えた専用OCP3.0SFFスロット。10GbEおよび25GbEネットワーク接続をサポートします。オプションで、1つのポートをXClarity Controller(XCC)管理プロセッサーと共有して、Wake-on-LANおよびNC-SIをサポートできます。
システム管理 ステータスLED付きの操作パネル。LCDディスプレイ付きのオプションの外部診断受話器。8xまたは16x2.5インチのフロントドライブベイを備えたモデルは、オプションで統合診断パネルをサポートできます。XClarity Controller(XCC)組み込み管理、XClarity Administrator集中型インフラストラクチャ配信、XClarity Integratorプラグイン、およびXClarity EnergyManager集中型サーバー電源管理。リモートコントロール機能を有効にするオプションのXClarityControllerAdvancedおよびEnterprise。
ソフトウェア
  • アプライアンス:Azure Stack HCIOSがプリロードされています
  • 認定ノード:Windows Server 2019 Datacenterエディション、Azure Stack HCI OS(すべてオプション)

資料