HCI製品の選び方

最適なSDS選びがTCO削減への近道です

HCIは、サーバー・仮想化ソフトウェア・ストレージを仮想化するSDS・それらの管理ツールがパッケージ化された総合インフラシステムです。

HCI製品は複数のサーバとSDSを組み合わて冗長構成が出来上がった状態で提供されます。
新規のインフラ構築はもちろん、企業の成長に合わせて「必要な分だけ」ノードを追加することができる柔軟な拡張性も持ち合わせています。

SDSとは(特長)

SDSは各ノードに内蔵されるストレージを仮想化し、ひとつのディスクとして扱えるのが大きな特長です。
効率的な運用を支えるSDSには様々なものが存在していますが、ダイワボウ情報システムでは「Nutanix」、「VMware vSAN™」、「Azure Stack HCI」だけでなく、「HyperFlex」や「SimpliVity」などのオリジナルSDSを搭載したHCIもラインアップしています。

Nutanix 3つの特徴

  • 柔軟性に優れた拡張性で
    スケールアウトも容易

    同一モデルのみ拡張可能というケースもあるHCI製品ですが、Nutanixならモデル違いはもちろん、CPUやメモリサイズ、ディスクサイズなどが異なるモデルも拡張可能。選択肢が広がり、無駄なく効率的なスケールアウトが行えます。

  • 再起動要らずのワンクリックで
    アップグレード可能

    HCIの制御モジュールがハイパーバイザーから分離されているため、アップデート作業を行う場合も仮想マシンを止めることなく行うことが可能。ワンクリックアップグレード機能に対応するほか、自動化によって手間を軽減できます。

  • スキルセットは1つだけ。
    あらゆるクラウドに対応

    クラウド全体でアプリケーションとITリソースを管理、同じ操作方法と既存サードパーティ統合の活用で共通のエクスペリエンスを実現。クラウド環境ごとに異なる運用、トラブルシューティングのプラクティスを個別に開発、維持する必要がなくなります。

VMware vSAN™ 3つの特徴

  • 幅広いワークロードで
    利用可能

    大容量SSDをキャッシュとして活用することで高速なデータ読み書きを実現。データベースのようにサーバーへ大きな負荷のかかるワークロードにも対応可能です。仮想化基盤で動いているサーバーであれば、問題なく移行できます。

  • 豊富なラインアップから
    最適なものが選べる

    業界をリードしてきたVMware vSAN™が手掛けるSDSであるため、ハードメーカーの選択肢が豊富です。ダイワボウ情報システムでのお取り扱い製品がもっとも多く、システムの用途や規模に合わせて自由にお選びいただけます。

  • システムの可視化と
    一括管理や操作が可能

    「OpenManage Integration for VMware vCenter®」の利用によって、慣れ親しんだVMware vCenter®からハードウェアを一元的に管理することが可能。システムが可視化されることで万が一の障害にも素早く対応できます。

Azure Stack HCI 3つの特徴

  • 独自のライセンスで
    圧倒的な低コストを実現

    ハイパーバイザーやSDS、SDNなどのHCIのコア技術をまとめて、WindowsServer 2019 Datacenter の標準機能もしくは Azure サブスクリプションとして提供することで、圧倒的な低価格を実現します。

  • 実績のあるハードウェアで
    最高パフォーマンスを発揮

    インテルやAMDの最新ハードウェアにOSネイティブで対応。スペック次第で約1380万IOPSを実現でき、汎用サーバーからVDI、データベースやバッチ処理などの高IOPSが必要とされるシナリオでも高いパフォーマンスが期待できます。

  • 慣れ親しんだインターフェースと
    Azureによる管理

    親しみのあるWindows UIと常に進化する無償管理ツール「Windows Admin Center(WAC)」によって、HCIの構築から管理、HCI上のWindows Serverの運用も可能。今後はAzureポータルからのHCI運用も可能になります。

上記内容が記載されたガイドブックをご用意しております。
こちらから資料をダウンロードのうえ、提案時にご活用ください

SDS特長表

SDS VMware
vSAN
Microsoft
Azure Stack HCI
(S2D)
Microsoft
New Azure Stack HCI
(S2D)
Nutanix
AOS
(DSF)
HPE
SimpliVity
(OmniStack)
Cisco
HyperFlex
(SpringPath)
対応ノード数 2~64 ※2ノードの場合、vCenterを物理サーバとして独立させる必要あり 2~16 ※2ノードの場合、高速スイッチ不要 2~16 ※2ノードの場合、高速スイッチ不要 3~無制限 ※AHVの場合 2~32 ※2ノードの場合、高速スイッチ不要 3~32 ※2~4のEdgeモデルあり
パーツ
(CPU,メモリ等) 単位の拡張
× ※HWメーカーに要確認 ※HWメーカーに要確認 ※ライセンスが必要な場合あり
対応ハイパー
バイザー
ESXi Hyper-V Azure Stack HCI OS AHV
ESXi
Hyper-V
ESXi ESXi
Hyper-V
管理ツール vCenter ※HWメーカーにより
追加管理ツールあり
Windows Admin Center ※HWメーカーにより
追加管理ツールあり
Azure Portal
もしくは
Windows Admin Center
Prism ※HWメーカーにより
追加管理ツールあり
vCenter Hyper Flex Connect
Cisco Intersight
vCenter
SCVMM
データの保護 ノード分散ミラーリング ディスクRAID
ノード分散ミラーリング
仮想化ベースのセキュリティ ノード分散ミラーリング
レプリケーション機能
ディスクRAID
ノード分散ミラーリング
独自スナップショット機能
ノード分散ミラーリング
重複排除 (ALL Flash時オプション)
その他特長 豊富なプラットフォーム
VMware Cloud on AWSとの親和性
小規模構成の
低コスト
Azureとの親和性
オンプレミスとAzureクラウドサービスのハイブリッド環境
・サブスクリプションモデル
・クラウドサービス
Prismによる統合管理
Nutanix Clusters による AWS,Azureとの親和性
独自重複排除技術 Cisco Intersightによる
クラウド管理

製品ラインナップ(DIS取扱い製品)

Nutanix vSAN Azure Stack HCI オリジナル
      Cisco HyperFlex
Dell EMC XC Dell EMC VxRail Dell EMC solution for Microsoft Azure Stack HCI  
Dell EMC vSAN Ready Nodes
FUJITSU Integrated System PRIMEFLEX for Nutanix Enterprise Cloud FUJITSU Integrated System PRIMEFLEX for VMware vSAN FUJITSU Integrated System PRIMEFLEX for Microsoft Storage Spaces Direct  
FUJITSU Server PRIMERGY Validated Node for Azure Stack HCI
HPE ProLiant DX HPE Solution for VMware vSAN Ready Node HPE Solutions for Microsoft Azure Stack HCI HPE SimpliVity
Lenovo ThinkAgile HX Lenovo ThinkAgile VX Lenovo ThinkAgile MX  
Nutanix on Express5800 NEC Hyper Converged System for VMware vSAN NEC Hyper Converged System for Microsoft S2D  
Nutanix NX