HPE Solutions for Microsoft Azure Stack HCIとは

Windows Server 2019ベースのコストパフォーマンスの高いHCI(ハイパーコンバージドインフラ)の実現に、HPEはMicrosoft米国本社の認定を受けた幅広いラインナップでお応えします。オフィスに設置できるタワー型サーバーから本格的なデータセンターインフラまで、サーバー2台から始められます。

HPE Solutions for
Microsoft Azure Stack HCIの特長

1. 様々なニーズにお応えする主なHPEのAzure Stack ポートフォリオ

2. 市販サーバーで唯一、クラウド事業者並みのセキュリティ技術を搭載

クラウドではなくオンプレミスを選択するお客様のために、Azure Stackはパブリッククラウドと同等以上のセキュリティを持ったサーバーでなくてはなりません。独自ASIC「iLO 5」を搭載したHPE”Gen10”サーバーは、市販サーバーには未搭載のハードウェアレベルのセキュリティ保護技術を複数実装。CNSA(Commercial National Security Algorithm Suite)による商用で最強クラスのデータ暗号化や、NIST(米国国立標準技術研究所)が発行する「Special Publication 800-53」に準拠しています。

「セキュアリカバリー」と呼ばれる機能では、稼働中のサーバーのファームウェア改変やマルウェア感染を検知することはもちろん、iLO 5 内に安全に格納されたバックアップにより、サーバーを停止せずに正常なファームウェアに戻す セルフリペア を可能にします。一般的なx86サーバーでは、稼働中のサーバー上で悪意のある改変等を検知・復旧することは困難なため、いつ顕在化するかわからないリスクを抱えたまま運用を続けることになります。

3. Azure Stack HCIだけでは実現できない会計面もHPEならクラウドライクに

Azure Stack HCIのユースケースの多くを、Azureとの併用による「ハイブリッドクラウド」が占めています。パブリッククラウドであるAzureは利用した分だけを後払いする完全な従量課金制ですが、Azure Stack HCIはソフトウェアのみ従量課金(後払い)で、それを動作させるハードウェアは一般的なオンプレミス機器と同様の一括購入やリースになってしまいます。これに対しHPEのAzure Stack HCIは、オンプレミス機器を従量課金化(後払い)する「HPE GreenLakeフレックスキャパシティ」をご利用いただけます。過剰な初期投資を回避し、ハードウェアの初期導入や増設時にかかるコストを数年間にわたって平準化することで、IT投資リスクやTCOを低減することができます。さらに、サーバーの予備リソースを事前に無償で用意しておき、必要になった時点で即座に予備を使い始められるメニューや、パイブリッドクラウドを実現するお客様のために「パブリッククラウド側のMicrosoft Azureとオンプレミス側のAzure Stackの利用料をHPEへ一括請求」することも可能です。

製品ラインアップ

HPEならAzure Stack HCIをオフィスフロアにも配備可能です。タワー型サーバー「HPE ProliantML350 Gen10」は、ラックマウントサーバーと同じ第2世代インテル Xeon スケーラブル・プロセッサーを搭載。オフィスにある既存のNASを監視サーバーに設定すれば、最小2台からHCIをスタートできます。

HPE ProLiantサーバーの代名詞である「HPE Proliant DL360/380 Gen10」は、業界に先駆けてシリコンレベルのセキュリティ技術を実装。NVMe SSDなど最新デバイスにも対応し、コストパフォーマンスに優れたAMD EPYCプロセッサー搭載モデル「HPE ProLiant DL325 Gen10」も選択可能です。また、DL325/380はディスクシェルフ(JBOD)を増設することにより、筐体の限界を超えた大容量ストレージも構成できます。

一見普通の2Uサーバーに見える「HPE Apollo 4200 Gen10」。ところが、全面のディスクベイを引き出すと更にもう24本、合計48本のHDD/SSDを収容できる”ストレージ向けサーバー”です。サーバー台数を削減できるので、ファイルサーバーなどを仮想化する場合にコスト削減を期待できます。

サーバー/ストレージ/ネットワークスイッチを1BOXに統合できる究極のプラットフォーム「HPE Synergy」もAzure Stack HCIとして利用できます。大規模環境への運用はもちろん、コンポーザブルインフラなら物理と仮想化環境の統合、Storage Spaces Direct(S2D)エンジンで推奨されるRoCE/50GbEもケーブルレスで安価に実現できます。さらに、サーバー1台あたり40本のHDD/SSDを搭載できるなど優れた統合環境の構築が可能です。

資料