製品情報

ソフトウェア製品 データセンターサービス Flow

仮想ファイアウォールソフト「Flow」を利用すると、特殊な知識を習得すること無く、チェックボックスをONにするだけで、マイクロセグメンテーション(仮想ファイアウォールによりVM単位などでセグメント分割)の機能を利用することができ、VM間のトラフィック制御を行うことができます。

“摩擦なし” ‐ 既存の物理インフラストラクチャで動作

FlowはAHVにネイティブに統合
 インストール不要

アプリトポロジーベースで仮想マシンをグループ化 (物理インフラ、VLAN、サブネットとは独立)

Web、アプリ、DBのためのポリシーを定義 
ポリシーは自動的にグループ内のすべての既存・新規の仮想マシンに適応
ルールは担保のためそれぞれのノードにプッシュされる

管理、運用、統制を集中化

仮想マシンのマイクロセグメンテーション

 常時稼働のステートフルな仮想マシンレベルのファイヤウォール
 シンプルなポリシー作成と適応
 アプリケーション中心 - ネットワーク識別子からは分離
 仮想マシンの変更監視のための自動化された更新

アプリケーションの可視化

 仮想マシン間のデータの流れを自動認識
 アプリケーションのトラフィックと関係性を可視化
 最小限のアプリケーションの専門知識だけが必要

アプリケーション中心のポリシー

サービスチェイン / ネットワークファンクション

 パートナーの統合でネットワークファンクションを拡張
 仮想マシン間で複数のサービスを接続
 トラフィックリダイレクトのポリシーをコントロール