2022年1月に施行された「改正電子帳簿保存法」により、企業の税務・経理関連書類の電子保存制度が見直され、制度利用がしやすい環境が整いつつあります。これにより、各企業では帳簿や領収書・請求書等の電子保存に対応するため、従来のワークフローを見直す機運が高まっています。本サイトでは、電子帳簿保存法に対応した各種ソリューションをまとめてご紹介します。

電子帳簿保存法の制度利用には、法や政省令等で定められた保存要件を満たしつつ、業務をスムーズに遂行できるよう社内ルールを整える必要が有りますが、ルール策定をサポートするサービスが提供されています。

電子帳簿保存法の要件を満たすクラウド会計サービスも多く登場しています。これらのサービスにより、制度が利用しやすくなるのに加え、バックオフィスのペーパーレス化や、社員のテレワーク推進も図れます。

電子帳簿保存法の要件に対応したソリューションを活用し、領収書や請求書・注文書など企業の取引関連書類を電子保存する事が可能です。紙保存の手間やスペースを削減し、社外でも書類を確認しやすくなります。

取引先から取引関連書類を紙で受け取った場合でも、スキャナー取り込みによる電子保存が可能です。電子帳簿保存法ではスキャン要件も定められているので、対応するスキャナーを利用する事が必須です。

電子帳簿保存法対応の新着・更新ソリューション

DISがお届けする電子帳簿保存法情報

電子帳簿保存法をもっと知りたい方へのご案内

PC-Webzine11月号特集
「改正電子帳簿保存法がDXを刺激する」

電子帳簿保存法が改正され、2022年1月1日に施行された。制度利用に求められる各要件が緩和され、企業や組織の経理業務の電子化・ペーパーレス化と、社外取引の電子化を促進し、国内におけるDXを推し進める狙いが見える。これらのデジタル化の取組が活性化する事で、新たなビジネスチャンスが生まれそうだ。

月刊PC-Webzine11月号に掲載の「改正電子帳簿保存法がDXを刺激する」では、税理士による改正ポイントの解説や、法改正によるビジネスの展開方法、エンドユーザーの事例などを紹介する。

iDATEN(韋駄天)動画ライブラリー
動画で分かる電子帳簿保存法

電子帳簿保存法対応ソリューションのご紹介を動画でご覧頂けます。