情報更新日:2021/09/21 No. C1520

チームコラボレーションを強化する統合型ワークスペース Google Workspace

  • 製品 / サービス名:Google Workspace
  • メーカー / ベンダー名:Google Cloud
  • 対応OS:Windows|iOS|Android|Chrome OS|macOS|iPadOS
  • 貸出機・トライアル:あり
  • サーバー環境:不要
  • クラウドサービス契約単位:月額|年額

こんな課題を解決します

テレワークを推進できる環境を整えたい

Google Workspace は Google が提供するクラウド上の統合型ワークスペースです。ブラウザを通して資料作成やコミュニケーション、スケジュール管理を行えるので、インターネットにつながるだけで業務を行えます。

離れた場所で業務を行う社員とのコミュニケーションが難しい

Google Workspace ではメール・チャット・ビデオ会議ツールをご利用頂けます。社員の状況に合わせてツールを使い分けられるので、最適なコミュニケーションを図れます。

業務情報を扱うのでセキュリティは万全にしたい

Google Workspace のデータは世界最高水準の Google によるセキュリティで守られており、様々な第三者機関の承認を得ています。

ポイント1

場所とデバイスを選ばない自由な働き方を実現

Google Workspace は Google がクラウド上で提供する統合型ワークスペースです。ブラウザからアプリケーションを利用できるので、インターネットに接続できる環境であれば、場所やデバイスを問わず Google Workspace の機能を利用できます。

ポイント2

社員やチーム間でシームレスにコミュニケーション

Google Workspace はメール・チャット・ビデオ会議を備えています。シーンに応じて最適なコミュニケーションが図れるので、離れた場所にいる社員やチームメンバーともシームレスにつながります。

ポイント3

資料をリアルタイムで共同編集

文書を作成できる Google ドキュメント、表計算の Google スプレッドシート、プレゼン作成ツール Google スライドは、従来のオフィスアプリケーションと同じように使用できます。また、同じ資料ファイルを最大100人まで同時に編集できるので、メンバー共同での資料作成や情報共有をスムーズに行えます。

あなたへのおすすめ


2022年1月施行の「改正電子帳簿保存法」により企業の税務・経理関連書類の電子保存制度が見直され、従来のワークフローを見直す機運が高まっています。本特集サイトでは、電子帳簿保存法に対応した各種ソリューションをまとめてご紹介します。

電子帳簿保存法ソリューション特集