情報更新日:2019/12/03 No. C1240

働き方改革関連法に完全対応!シェアNo.1のクラウド型勤怠管理システム

  • 製品 / サービス名:勤革時(きんかくじ)
  • メーカー / ベンダー名:NEC
  • 貸出機・トライアル:あり
  • サーバー環境:不要
  • クラウドサービス契約単位:月額

こんな課題を解決します

勤務時間の集計に何日もかかりリアルタイムに勤怠状況が把握できない

クラウド上で自動集計されるので手動での入力や集計が不要です。従業員の勤務状況や残業時間もすぐに確認できます。

社員によって勤務体系が異なるのでシフト作成や勤怠管理業務に工数がかかる

シフトパターンは無制限に作成でき、CSVで一括登録も可能。予実データでシフト予定と実際の勤務時間の比較も可能です。

労働関連法令の改正に都度対応するのが大変だ

法改正に対応し自動的にアップデートしています。追加費用は発生しません。

ポイント1

クラウド上でリアルタイムに勤務状況を把握できる

社員・パートアルバイト等、全従業員が入力した出退勤時刻や残業・休憩の状況を自動で集計するので、すぐに状況を把握して勤怠の指示を出すことが可能です。日別・週別・月別・年別の労働時間の確認も可能です。

ポイント2

様々なシフトや打刻方法に対応

シフトパターンを何通りも作成できるので、従業員の勤務体系に合わせた登録が可能です。CSVによる一括登録も可能です。打刻方法は、モバイル、ICカード、顔認証、PC打刻等様々なパターンに対応するので、拠点の事情に合わせて選択できます。

ポイント3

充実の安心サポート

お客様のご要望を元にした機能強化や、法改正対応等のバージョンアップにより、追加費用は発生しません。また、応答率98%以上のサポートセンタースタッフが就業規則に合わせて設定から運用までサポートします。

あなたへのおすすめ


2022年1月施行の「改正電子帳簿保存法」により企業の税務・経理関連書類の電子保存制度が見直され、従来のワークフローを見直す機運が高まっています。本特集サイトでは、電子帳簿保存法に対応した各種ソリューションをまとめてご紹介します。

電子帳簿保存法ソリューション特集