2019年5月号

特集1

A Journey to the Hybrid Cloud
脱オンプレ決断のとき
Windows Server 2019から始めるハイブリッド構築の旅路

特集2

2018年度、教育ICT 事業の成果
次世代の学びの環境をどう作る?

Monthly News

VAIO、Dynabookが新製品を発売
デザインとパフォーマンス性能の向上がキーワード

IT MarketWatch

HCIの訴求はクラウド導入を検討する企業にも有効
国内IaaS/PaaS 市場は3,575億5,000万円
物流分野でも注目度が高まる画像処理システム

戸田覚のLifehack

テーマ:外付けモニターを活用しよう
ノートPCの作業効率を一気にアップ

バックナンバー一覧

2018年4月から2019年4月

2019年4月号

2019年3月号

2019年2月号

2019年1月号

2018年12月号

2018年11月号

2018年10月号

2018年9月号

2018年8月号

2018年7月号

2018年6月号

2018年5月号

2018年4月号

旬の情報をナナメ読み

2019年5月

A Journey to the Hybrid Cloud
脱オンプレ決断のとき
Windows Server 2019から始めるハイブリッド構築の旅路

まずはオンプレミスでのサーバー運用を中心として、少しずつクラウドの利用を促す「クラウドちょい足し術」という提案シナリオを日本マイクロソフトは用意している。
Windows Server 2019は、OSの起動からリソースの確認、PowerShellの実行など従来バラバラのツールで行っていたものがWindows Admin Center で統合的に管理できるようになりました。システム運用の効率化の点で非常に魅力的ですね。
Windows Server 2019ではHCIの機能も強化された。例えば、Windows Admin Centerによる管理性の向上や、2ノード構成の提供、データの重複除去機能などが活用できるようになっている。

2018年度、教育ICT 事業の成果
次世代の学びの環境をどう作る?

情報活用能力が求められており、今後の学校教育においてそれらの育成は不可欠です。
各教科の特性に応じて「コンピューターで文字を入力するなどの基本的な操作の習得」が求められていると指摘し、情報教育の重要性を説明した。
先端技術の活用ではセキュリティ対策の一つにブロックチェーンの利用などが挙げられたが、「手段の目的化が進んでいるように感じる、技術は目的とはなり得ない」

VAIO、Dynabookが新製品を発売
デザインとパフォーマンス性能の向上がキーワード

VAIOとDynabookがノートPCの新製品を4月に発表した。

HCIの訴求はクラウド導入を検討する企業にも有効
国内IaaS/PaaS 市場は3,575億5,000万円
物流分野でも注目度が高まる画像処理システム

HCIを訴求する際は形態に囚われない広い視点が重要。

テーマ:外付けモニターを活用しよう
ノートPCの作業効率を一気にアップ

昨今は、ノートPCを使うのが当たり前になっている。会社のデスクでもノートPCで作業することが増えてきた。その際に活用したいのが、大画面の外付けモニターだ。

クリエイターからエグゼクティブまでワークスタイルを一新するSurface Studio 2

垂直の画面を目で追いながら、手元のペンタブレットで作業していたワークスタイルをSurface Studio 2は一新する。

LanScope An は「Syncpit」と組み合わせて利用することで、ユーザー対応の自動化も実現できる。

EOSに対するニーズにも、KCPSベアメタルサーバーは対応可能です。

肢体不自由の児童生徒はなかなか本会場に行けませんから、WWCクラウドで学校同士をつなぐことでリアルタイムにやりとりができる点は魅力的です。

トータルでロボット開発、改良に取り組み、新しい時代を作っていくことが特区の課題。