製品情報

MVISION Protectについて

モバイル対応の有無で2商品が存在しますが、クライアントにインストールするエージェントもWindows Defenderとの共存の有無で2種類存在します。

例えば、モバイル対応は不要で、Windows Defenderとの共存も不要な場合は、MVISION Protect Standardを選択し、インストールするエージェントはEndpoint Securityになります。
モバイル対応が必要で、Windows Defenderとの共存も必要な場合は、MVISIONTM Protect Plusの商品を選択し、インストールするエージェントはMVISION Endpoint※注記 になります。(注記:Windows10の環境のみ。)
なお、お客様が「モバイル」を利用する場合、「モバイル」が必要なライセンス数のみMVISION Protect Plusを選択すれば良く、お客様のすべてのライセンスを同じにする必要はありません。
また、インストールするエージェントとしてWindows10については、MVISION Endpointの選択肢が存在しますが、Windows Defenderとの併用を必須とする場合を除いては、 Endpoint Security(ENS)を推奨します。

※ MV1、MV2、MV3は、複数の製品をパッケージ化したスイートライセンス製品です。

MVISION Protect Standard(MV1)

  • ライセンス:ユーザ単位(ただし、Device Type-1とDevice Type-2有り。
  • 提供物  :電子メールアクティベーションによるSaaS(サービスとしてのソフトウェア)、または、ソフトウェアダウンロード。
  • 管理   :MVISION ePO(SaaS)、ePO(オンプレミス)、ePO on AWS。
  • 主な機能 :MVISION Endpoint(Windows 10専用)、Endpoint Security(ENS)for Windows[Adaptive Threat Protection(ATP)含む]、Endpoint Security(ENS)for Mac OS、Endpoint Security(ENS)for Linux、Device Control。
  • 制限事項 :ユーザあたり最大5台のデバイスに制限されています。仮想環境やクラウド環境で動作するサーバの対策に特化した製品が必要な場合は、サーバ向けセキュリティ製品(製品型番略称:MOD、MOV、CWSB、CWSE、CWSA)のご購入を推奨します。

MVISION Protect Plus(MV2)

  • ライセンス:ユーザ単位(ただし、Device Type-1とDevice Type-2有り。)
  • 提供物  :電子メールアクティベーションによるSaaS(サービスとしてのソフトウェア)、または、ソフトウェアダウンロード。
  • 管理   :MVISION ePO(SaaS)、ePO(オンプレミス)、ePO on AWS、Threat Intelligence Exchange(TIE)、McAfee Data Exchange Layer(DXL)
  • 主な機能 :MVISION Endpoint(Windows 10専用)、Endpoint Security(ENS)for Windows[Adaptive Threat Protection(ATP)含む]、Endpoint Security(ENS)for Mac OS、Endpoint Security(ENS)for Linux、MVISION Mobile Basic(for Android & iOS)、Device Control、Application Control for PCs、Strategic Innovation Alliance(SIA)Partner製品の展開にアクセスできます。
  • 制限事項 :ユーザあたり最大5台のデバイスに制限されています。仮想環境やクラウド環境で動作するサーバの対策に特化した製品が必要な場合は、サーバ向けセキュリティ製品(製品型番略称:MOD、MOV、CWSB、CWSE、CWSA)のご購入を推奨します。

MVISION Mobile Advanced(MV3)

※ 税別標準単価(5ユーザ以上):@9,990円/年  ※ A Bandのみとなり、数量による単価設定はありません。

  • ライセンス:ユーザ単位。
  • 提供物  :電子メールアクティベーションによる SaaS(サービスとしてのソフトウェア)。Apple Store または Google PlayからダウンロードしたiOS または Androidアプリケーション。
  • 管理   :MVISION ePO(SaaS)、ePO(オンプレミス)、ePO on AWS。
  • 搭載機能 :MVISION Mobile Basic(for Android & iOS)で利用できる機能に加え、検知時のアクションやアプリケーションの分析などが利用できます。
  • 制限事項 :ユーザあたり最大5台のデバイスに制限されます。
  • アカデミック、ガバメント向けの価格設定はありません。
  • MV3の詳しい資料は、弊社営業へお問い合わせください。

セキュリティ機能比較

  MVISION Endpoint ENS
アンチウイルス(DATベース) ○Defender ○(ENSTP)
オンアクセススキャン ○Defender ○(ENSTP)
オンデマンドスキャン ○Defender ○(ENSTP)
アクセス保護機能 △Defender(ASR機能) ○(ENSTP)
エクスプロイト防止 △Defender(Exploit Protection) ○(ENSTP)
AMSIによるスクリプトスキャン ○(ENSTP)
不審なプログラムの検出 × ○(ENSTP)
隔離機能
隔離の開放 ePOから開放可能 ePO・クライアント端末上で開放可能
 
ファイアウォール ○Defender ○(ENSWC)
Webアドバイザー △Defender Network Protection ○(ENSWC)
Webフィルタリング △Defender Network Protection ○(ENSWC)
機械学習検知(RP-Static) ○(ENSATP)
機械学習検知(RP-Dynamic) ○(ENSATP)
アプリケーションの動的隔離 △(Defender Controlled Folder Access) ○(ENSATP)
適応型脅威対策機能(TIE) △(ABBは一部) ○(ENSATP)
Remediation機能 △(ENSATP)※10.7で強化
Attack Behavior Blocking ○(ENSATP)
Credential theft Protection △(ENSATP)

モジュール面比較

  MVISION Endpoint ENS
OSカバー範囲 Windows 10、Win Server 2016、2019 Windows 7、8、8.1、10
Win Server 2008 R2、2012、2016、2019
ファイルサイズ 数十MB 数百MB
コンポーネント 1つ 最大4つのコンポーネント
クライアントUI なし あり
アップデート WSUSやMS Update等から 分散リポジトリ、McAfeeアップデート、P2P等でのアップデート