ENSマイグレーションのご案内

エンドポイント製品 新旧比較表

  MVISION   従来型ライセンス
MV1 MV2 MV1 Upgrade MV2 Upgrade ETP CTP ETD EDR
Endpoint Security(ENS)for Windows    
Endpoint Security(ENS)for Linux    
Endpoint Security(ENS)for Mac    
MVISION Endpoint(Windows10のみ)        
Adaptive Threat Protection(ATP)※1  
Active Response              
Application Control(Mac)for PCs          
MVISION Mobile(Android&iOS)            
VirusScan Enterprise(VSE)for Windows     ●※3 ●※3    
VirusScan Enterprise(VSE)for Linux     ●※3 ●※3    
Endpoint Protection for Mac ※2     ●※3 ●※3    
   
McAfee Security for Email Servers     ●※3 ●※3    
Device Control   ●※3    
   
Threat Intelligence Exchange(TIE)        
McAfee Data Exchange Layer(DXL)        
   
ePO On-Premises
ePO on AWS
MVISION ePO(SaaS)        
・MV1=MVISION Protect Standard
・MV1=MVISION Protect Plus
・ETP=Endpoint Threat Protection
・CTP=Complete Endpoint Threat Protection
・ETD=Endpoint Threat Defense
・EDR=Endpoint Threat Defense and Responce
※1:ATPは、シグネチャーべースでは検出できない未知の脅威を検出する為のモジュール(機械学習等)です。
※2:Endpoint Protection for Macには、VirusScan for MacとApplication Protection for Macが含まれます。
※3:1年間限定の無料サブスクリプションライセンスです。既存のETP、EPA、CTPのご所有総数では無く、MVISION Upgradeのご購入数分のみ適用されます。この期間内にMVISIONへ移行作業をお願いします。

ライセンスルール

ENS化までの流れ

マイグレーションを計画的に実施

1. 既存環境チェック

弊社SEが、お客様のマイグレーションの計画をご支援

  • 簡易手順書の提供
  • EUA(EndpointUpgradeAssistant)のご提供
  • 既存運用のヒアリング
  • テクニカルチェックシートによる把握 など

2. バージョンアップ対象機能のバージョンアップ

3. VSEのポリシーから、ENSポリシーへの変換

「エンドポイント移行アシスタント」機能によりポリシーの移行が可能

4. ENSの機能検証後、全社展開

Endpoint Security(ENS)の機能

VSEからENSへマイグレーションするメリット

新規マルウェアの70%以上が未知のマルウェアという現状の中、未知で高度な攻撃に対し、対策の必要性が求められています。ENSは、未知で高度な攻撃の対策機能をご提供いたします。

VSE vs ENS 機能比較

ENS化することで、対策強化の幅が広がります

対策範囲 機能 VSE ENS
従来のエンドポイント
(DAT、レピュテーション)
アンチウィルス
(VirusScanEnterprise)

(ThreatPrevention)
Firewall
(HIPSのFirewall機能のみ)

(Firewall)
Web管理
(SiteAdvisor)

(WebControl)
ホスト型侵入検知
(HIPS)

(ThreatPreventionに含む)
未知のマルウェア対策 脅威情報共有(TIE)
動的隔離(DAC) ×
機械学習(RealProtect) ×
インシデントレスポンス インシデントレスポンス ×

EndpointUpgradeAssistant(EUA)

マイグレーション計画に必要な情報を可視化